日本人類遺伝学会ゲノムメディカルリサーチコーディネーター(GMRC) より良いコミュニケーションをめざして。
    日本人類遺伝学会 GMRC制度委員会事務局
    〒164-0003
    東京都中野区東中野4-27-37
    株式会社アドスリー内
    TEL 03-5925-2840
    FAX 03-5925-2913
    受付時間 10:00〜17:00

新着情報

2016-08-04
新着の求人情報を掲載しました。
>>詳細はこちら
2016-06-06
第9回(2016年度)講習会・認定試験の開催が決定しました。開催日は2016年9月10日(土)です。
講習会・認定試験:申込受付ページをアップしました。
>>詳細はこちら
2016-03-31
新着の求人情報を掲載しました。
>>詳細はこちら
2016-03-29
GMRC認定期限が2016(平成28)年3月31日で、認定更新手続きをされた方に、新しい認定証を発送いたしました。
2016-01-29
1月31日の第4回GMRCアドバンストセミナー来場者の皆様へ。万が一、開催中止が決まりました際には、30日18時までに当HPにてお知らせします
2016-01-18
GMRC認定期限が2016(平成28)年3月31日の方に、認定更新手続きの書類を発送いたしました。未着の方は事務局までご連絡ください。


ご挨拶

日本人類遺伝学会ゲノムメディカルリサーチコーディネーター(GMRC)制度ついて


 ヒトゲノム・遺伝子解析を伴う研究について、我が国では、文部科学省、厚生労働省、経済産業省「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」(平成25年全部改正)に基づき、適正に実施することが求められています。

 日本人類遺伝学会では、ゲノム医学研究を中心に、インフォームド・コンセントを担当する可能性のある、「試料・情報の提供が行われる機関の研究者等のうち、研究の内容及び意義等について十分に理解している者」(第3 7(6))、「当該機関の研究者等以外の者(履行補助者)」(第3 7(7))を「ゲノムメディカルリサーチコーディネーター (GMRC)」と名付け、その業務の基本となる教育の機会を提供し、認定する制度を設けております。

 この制度は、中村祐輔前学会長、羽田明前委員長のご尽力によって構築されたものですが、私は、第4回(2011年度)講習会・認定試験より、委員長を引き継がせて頂きました。
この制度の中心的な役割は、人のゲノムを用いる研究において、試料提供(候補)者、や代諾者とコミュニケーションをはかり、研究の説明や意思確認、同意撤回の処理などを行う立場にある方々が、具体的なイメージを抱きながら、またルールを理解しながら、自信をもって説明に臨めるための基本研修の機会を提供することです。

 しかし、研究だけに留まらず、実際にゲノム情報を用いた予防や診療が日常的になる日も近づいております。また、近年のゲノムシークエンス解析の革新的な進展に伴い、幅広い研究分野において、個人のゲノムの詳しく解析し、適正に利活用することが求められるようになっています。そのため、既にGMRC認定資格をお持ちの方のために、「アドバンストセミナー」も開催しております。

 この制度が、従来の研究分野の垣根を越え、試料提供者の立場に立って、研究や診療、予防を支える皆様の交流と研鑽を深める場となることを願いつつ、さらに発展させていきたいと考えております。皆様のご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。
日本人類遺伝学会 GMRC制度委員会

委員長 武藤 香織
ページのトップへ戻る